スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

崖の上のポニョ
珍しく、ジブリ映画を公開3日目に見てきちゃいました。
別に深い意味はないけど、なんとなく夏休み中の子供たちの
反応が見たかったので、わざわざ混雑の中行ってきました。

宮崎監督曰く
少年と少女、愛と責任、海と生命。
神経症と不安の時代に、宮崎駿がためらわずに描く、母と子の物語。

?????
これ、私は納得行かないです。
逆読みしすぎなのかもしれないけど、まったく反対の意見を
持ちました。
今の世の中で「良くない」と思うことが
結構思い切り描かれているもの。(不安だ・・・)

なんというか、監督のやりたいこと、欲をすべて入れ込んで、
本筋はどっかに行っちゃったような感じ。
観客としては、何気に置き去りにされている感が強いです。

映像がすべてというなら、それでよいのかもしれないけど、
映画は、映像だけがすべてでは無いと思います。

子供なりに噛み砕いてしっかりテーマを理解出来る
まっすぐな内容の映画を作って欲しかったです。


・・・結局、フジモトがどういういきさつでああなったのか、
最後まで理解出来ませんでした(泣)

| 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 22:09 | - | - |
| - | pookmark |

Comment









Trackback



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Profile
New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Recommend
エースをねらえ! DVD-BOX
エースをねらえ! DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

勘助でハマッた人〜!
ぜひこっちも見てね。
ダクログ
Link